忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[132]  [133]  [134]  [135]  [136]  [137]  [138]  [139]  [140]  [141]  [142
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<実験理念>

 世界中で不況による労働問題が多発している今日であるが、日本もその例外ではない。本国ではバブル崩壊後から続いている不況の下、最近ではブラック企業と称される劣悪な環境下での労働を強いる企業が注目され、非正規雇用者中心の不安定な企業体制や過酷な労働環境の実態が浮き彫りにされた事で話題を呼んだ。雇用形態や企業の規模を問わず被雇用者の過酷な労働環境が原因となって引き起こされる事故や病気は年々増加傾向にあり、主なものでは日本特異の現象と呼ばれ世界から注目を集めた過労死の判例数や、働き盛りである3040代のうつ病患者数が挙げられる。現場では早急な労働環境の改善や被雇用者の心身の回復処置が求められる中で、日本国政府側は雇用や労働に関する法律の改正案を打ち出してはいる。しかし、それらは労働者側からすると非現実的で不十分なものが多いため、政府側から有用性のある打開策が講じられる目処は立っていないのが現状である。確かに雇用や労働に関する抜本的な法律の改正を行う事は必要であるが、それらについて議論している間にも被雇用者の健康がおびやかされ続けている。

 そこで我々は豊かな人間生活を送る上での基礎、かつ、必要不可欠な存在である食事を通して早急に労働者の心身の回復及び癒しを与えようと試みる。それに関して、様々な食事の形態の中でも1度に多くの栄養を手軽に摂取できる鍋を多忙なために偏食であろう現代人に振舞う事で最大限の効果を狙う。この絶好の機会として1123日の勤労感謝の日を生かし、我々の力で日本を労働者から再生させる事が出来れば幸いである。

<実験方法>

回復鍋を作り労働者の心身を回復させる。

というわけで我々は早速回復鍋を作成。



材料(数人分)
ねぎ 一本
もやし 多め
にんにく 1kg
高麗人参 6本
栄養ドリンク(精力剤・疲労回復系含む)
粉末赤まむし 適量
バブ

作り方
あますところなく全部煮込む。



材料を聞いただけでもう既に胃と下半身が活発になりそう上にこの見た目。
栄養ドリンク類の甘ったるい匂いがきつくてとても食べる気にはなれない。

しかしダンボールで作ったポップの「鍋無料サービス中」「いつもお疲れ様です!」
に釣られたのか
こっちから行かずともどんどんお客さんがやってくる。

「あなたたち偉いわねェ、こういう学生さんがもっと増えればいいのにねェ。」

散歩中の老夫婦に大人気。しかも美味しいらしい。生の高麗人参をかじるじーちゃんまで出たほど。
彼らの夜を営むための力を少しでも回復できたのであれば大変光栄である。


しかしボランティアばかりするわけにはいかないので、身近な労働者であるタクシーの運転手にも進んで振舞ってみた。

「・・・なんか不思議な味がするね・・・あ、ヨーグルト入ってるでしょ?」

ヨーグルトは入ってません。チョコラB●とかリポビ●ンDの甘さではないでしょうか?


他にも大学の警備員さんやW大生、ギターおじさんなどにも振舞いつつ
最後に我々がいつもお世話になっているK察官に振舞おうとするも、拒否されてしまった。

仕方が無いので















食わせました。

 

 

 

 

 

 

<実験結果>

結構まずそうに作ったのにみんな普通に食べててちょっとショックでした。
疲れすぎて味覚がおかしくなってるんだと思いました。

だって高麗人参なんて土がついたまんm・・・

PR
忍者ブログ [PR]