忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[114]  [117]  [118]  [119]  [120]  [121]  [122]  [123]  [124]  [125]  [126
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<理念>
 1903年に、アメリカでライト兄弟が、人類初の有人動力飛行を飛行機によって成功させた。単純な構造であったそれも、次第に機械工学の発達によって複雑な構造へと進化していった。文明の発達に伴って様々な乗り物が開発されては改良され、昔の人には創造もできないような現実がこの時代にはあたりまえのように広がっている。近年では環境問題を考慮して、エネルギーのリサイクルという点から、使用済みてんぷら油をガソリンの代用にする技術が開発されている。これにより環境への負担が大きく軽減されている。
 また、時代が進んでいくにつれて乗り物が形状が単純化しスマートになっていっている。最近の自動車にはその傾向が顕著に見られる。未来の乗り物と言えば例えば「ドラえもん」では頭に装着するだけのタケコプターや、絨毯のような形をしたタイムマシーンなどが登場する。これまでに述べたように、時代が進むにつれ環境を考慮して自然物をしようするようになり、かつ形がスマートになっていく。 
 では、乗り物自体がリサイクルされた自然物で作られるようになるという事はないだろうか。農場や漁場で採られ、出荷される課程で廃棄されるものはたくさんある。それを利用する事でスマートかつ環境に考慮した乗り物ができるとすればそれが最善のはずだが、強度の問題などの課題はたくさんある。そこで、我々が自然物を利用したスマートな物を用意し、実際にそういったものに人間が乗ることができるのか、また人が乗りたいと思うのかを検証してみる。

<方法>
海苔に乗る


というわけで、いい海苔のある有明海にいってみた。


海苔をのりで貼りつけていく・・・。


海苔で見事なサーフボードが完成!


さあ、いざ有明の海へ!!


予想外にも泥に沈んでいってしまった・・・!



実験結果・・・ただの海苔では乗ることができない。実験失敗!

PR
忍者ブログ [PR]