忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[120]  [121]  [122]  [123]  [124]  [125]  [126]  [127]  [128]  [129]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【実験理念】

 霊感を活用した商業として、霊感商法・霊視商法というものがある。霊感があるかのように振舞って、先祖の因縁や霊の祟りなどの話を用いて、法外な値段で商品を売ったり、不当に高額な金銭などを取る商法である。これらが「悪徳」「詐欺」などと言われる理由としては、やはり科学的根拠の欠如というのが一番の要因であろう。そのサービスに見合った効果が個人差も無く実際に得られると立証されれば、いくら莫大な金や労力がかかろうとそれが非難されることはない。

 しかしながら時代や国を問わず人間にとっての神の存在というものは大きく、宗教はもちろん自然崇拝や精霊信仰といったさまざまな形での信仰心を、我々人間は持ち合わせている。これは歴史や人々の日常生活からもわかるように肯定せざるを得ない事実であろう。

 近年でもスピリチュアルブームと言われ、前世や守護霊を取り上げる番組が話題となったり、自己回復力の向上や精神浄化の効果を得ることができるとされるパワースポットと呼ばれる土地が注目されたりしている。神や霊についての物議は昔から現在に至るまでさまざまな形で続いているが、それらの神秘的な力を目に見えて得ることができれば、革命的な立証になるのではないだろうか。そこで今回それらのパワーが事実として証明できるかどうか検証することととする。

【実験方法】
傷ついた体をパワースポットで回復させる。



■前置き■

あれだけ話題になった「パワースポット」のパワーって、
それはもう絶大なものだろう。ケンカして傷ついた体も、
そこで野宿すれば一発で全回復するはず・・・!




■決闘■

場所は霊場・恐山。いくら暴れてもケガしても良いので
(どんな傷もパワースポットで治癒できるから)、大乱闘となる。


陸で




湖で




とうとう武器を持ち出し




結果・・・・・・





■回復■

湖で全員水浸しになり、青森県の山ん中でぷるぷる震えながら野宿。
一応手当てしてパジャマに着替え布団に入り、
スピリチュアルなパワーを全身に受け止めながら就寝。






■翌朝■

うう・・・寒い・・・痛い。ここは・・・パワースポットだよな?
スピリチュアルなパワーが宿っていて、
神聖な場所であり、誰もが不思議な何かを感じ取り、
傷ついた体も一晩で回復・・・・・・しないのかよ。
パワーはどこいった?
実験失敗。





うぐぐ・・・痛い・・・

PR
忍者ブログ [PR]