忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[82]  [83]  [84]  [85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90]  [91]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

(企画趣旨)

つみつくりでは自主法政祭で毎年様々な人間と交流している。
今年は受験生を対象に正月体験をしてもらうことにした。
受験生にとって正月は受験シーズンと被るため十分に楽しめないだろう、ということで学祭の11月の時期にステレオタイプの正月を満喫できるコンテンツを用意した。

 

 

(企画開始)

        

 学祭に来た受験生を対象に多浪、多留が多いつみつくり会員がエールを込めて鳥居と賽銭箱を設置(写真中)。
安っぽいことこの上ない。
他のほとんどのスペースは酒盛り場として利用することにした。
自主法政祭の客はそのほとんどが政治意識の高い法大生であろうということで学祭期間中は国会中継を流す。
しかし当然ながら誰も見ない。


 

 

        

 続いて書初め体験を実施。好評。写真右に写る卑猥な髪型の人物は平林千牧・法政大学前総長。



 

 

    

 ここで我々はある重大なことに気付いた。
法政の学祭があるこの時期は慶應の三田祭と東大の駒場祭と被っているため、
偏差値ダントツビリの法政の学祭に外部の人間は見向もせず、
加えて受験生も大学の学祭がある11月は勉強しているのが普通なため受験生も来ない。
代わりに来るのは屋台を出している法政のサークルの売り子だけ。
受験生を待つのも暇になってきたので売り子にクイズを出して正解したら買ってあげるという企画趣旨とは全く関係ないことを始めた。

 

 途中、出題者である我々が解答ミスをするという思わず切腹したくなるような事態が発生したため
落とし前をつけて切腹する会員もいた。

 

(企画結果)

結局腹が減っていたつみつくり会員は屋台の売り子に簡単な問題を出して正解させていたため腹は満たされるが金は減っていくという結果に陥った。
受験相談に来る人間はまずおらず、我々は大学に入ってまでこんなことをやっているから東大に落ちたのだということを改めて痛感したのだった。

 

  

(おまけ)

 四日間の学祭中、実は受験生が一人だけ来てました。
しかも親子で。
こんなところに来る暇があったらもっと勉強して早稲田にでも行ってくれ!!
・・・としか我々はその受験生親子にアドバイスできなかったのである。

 

PR
忍者ブログ [PR]