忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [64]  [66]  [67]  [68]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実験理念

 現在日本では不法投棄が問題になっている。それにより緑豊かな山々や海、河川などの景観・美観が損なわれ、環境が破壊されているのは否めないし、純粋に自然は美しい方がよいと考えるのは大多数の人間共通の価値観であるといえるだろう。

 

 ここで一つの例を挙げたいと思う。我らが法政大学の校舎も名を冠している外濠である。

 外堀は千代田区のパンフレットによると『セーヌ川のように美しい』とある。しかしセーヌ川は実際に汚れていて見た目が美しいとは言えない状態であり、千代田区の言う『美しさ』とは何なのかという疑問が浮かぶ。

 外濠を美しいと思う人間の絶対値が小さいのは言うまでもなく、千代田区は明らかに外濠を美化し過ぎていると誰もが思うだろうが果たしてそれが絶対に正しいと言えるのだろうか。

 答えは否。この理由は外濠の表面が汚いという外面しか見てないからであり、千代田区の言う外濠の美しさとは内面の美しさを指している可能性があるからだ。

 そこで外濠に入り、そして陸に上がり走る。最後に自転車を漕ぐ。これは水中、陸上、道具の順に文明(脳)が発達し、様々な価値観を理解できるようになった過程と同じである。よって先述の通りにすれば外濠の美しさをより理解できるようになるだろう。

 


実験方法

  外濠でトライアスロンをする。

 

 

  スタート

  冷ややかな視線を浴びながら よーいどん!

  

  スタートしたら外濠に元気よく飛び込みましょう 
 

  

外濠をある程度進んだら戻ってきます。
岸を登る際に手間取る者多数。
出場者のうち唯一の前回参加者手タレがここを華麗に突破

 

  ―泳いだ後は走ります―

  

必死で頑張る会員達。

 

  ―ラストは自転車です―

      …が写真がないので省略致します。

  

  で、表彰式。




お疲れさまでした。

PR
忍者ブログ [PR]