忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[91]  [92]  [93]  [94]  [95]  [96]  [97]  [98]  [99]  [100]  [101
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<理念>

 つみつくりには恋人のいる者が少ない。この現状を鑑みると、単に我々 が異性を選り好みし過ぎているのではないだろうか。この現状を打破する為、とある一つの手法が考えられる。

   皆さんは吊り橋効果というものをご存知であろうか。吊り橋の上で異性に告白すると、相手がOKしてくれる可能性が高くなるというものだ。実際のところこ の現象は、揺れる吊り橋揺にいると不安な状態になり、心拍数が上昇し、それを告白した相手を好きであるから、と錯覚することで起こるものである。

   ならば近代オリンピック種目上最も過酷であると言われるトライアスロンを行い、告白されるのを待てば我々にも恋人が出来るのではないだろうか!


<方法>

法政大学 →
外堀(水泳) → 
外堀〜法政大学62年館周辺(マラソン) → 
62年館道程階段〜飯田橋駅〜逓信病院通り〜法政大学(ママチャリ)

の行程でトライアスロン(都合上実際の競技 とは順序が違う)を行い、ドキドキしている状態で告白されるのを待つ

出場者…アングラ、イモ男爵、インポッシブ ル、スナプキン、大躍進11号、手タレ、二次元大介(遅刻で不参加)、奉行(二次元代理)、ペドグリ





<開会式>


まずは開会式。みんなで盃を手に乾杯!互いの健闘を誓い合う


 

<出走>


そしてスタート!人生では3浪という大きい遅れをとっているスナプキンがフライング!呆然とする選手達。直後我先にと外堀に向かう。同時にギャラリーも外 堀脇の歩道へ移動。


 

<水泳>

 

外堀の真緑に染まった水の中へ飛び込む選手達。手足をばたつかせる度に口の中に外堀の水が入り込む。病気にならないか心配だ。ちなみにこの実験の一 週間ほど前にどこかの陸上部が熱中症で倒れ、外堀に転落し溺死するという事件が起きている。10m地点で、ターンしてきた選手と泳ぎの苦手なイモ男爵とが 鉢合わせ。どれだけカナヅチなんだ。この時点でトップはペドグリ。


 

<マラソン>

 

外堀を出た後はファミリーマート脇を通り62年館をぐるり周り、階段を下り、自転車が駐 輪されている塾へと向かう。途中、トップがペドグリからスナプキンへ移る。写真左の3番手インポッシブルが後続を断つ為にチャリンコをなぎ倒す。右は被害 を受けたアングラ。


 

<ママチャリ>

 

いよいよ大詰め、チャリンコへ。トップは依然スナプキンだったがアミノ前でペドグリが追 い抜き返す!以後ゴールの法政大学までぬきつ抜かれつのデッドヒート。結果、ペドグリ優勝。二位スナプキン、三位インポッシブル。尚自転車が足りなかった 為手タレとイモ男爵は近くのスーパーのカート。パンツ一丁でママチャリ漕いでても警察には注意されませんでした。




<閉会式>



という訳で二位と三位の人間を足場に表彰式。手を振り女の子達にアピール。が、何時間待っても誰も告白してくれず。外堀に入った人間は好かれないことが判 明した。もっとハンカチ落とすとかパンを咥えて走るとかした方が良かったかしら。

















<番外編>

遅刻した二次元大介を水着で学内を徘徊させるという屈辱的でも何でもない罰を与えてみ た。

 

図は学食でジュースを飲もうとしている二次元。シュノーケルとればいいのに。

PR
忍者ブログ [PR]