忍者ブログ
法政大学非公認サークル
[95]  [96]  [97]  [98]  [99]  [100]  [101]  [102]  [103]  [104]  [105
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実験理念 

 現在日本は人口の15%以上が老人である高齢社会である。1970年に日本は高齢化社会へと突入 し、現在に至るまで老人の割合は増加の一途を辿っている。

 また、女性の社会進出に伴う出生率の低下とともに子どもの割合は減少している。 つまり子どもが産みにくい世の中になっている。世界が人口爆発だなんだと言ってるときに日本は人口が増加するどころか減少しようとしている。子ども及び若者の割合が減ると 年金問題等で危機に直面するのは周知のことと思う。

 ところが現在巷では4歳、5歳になっても幼稚園や保育園に入れない子ども達が増えているらしい。子どもが少ないくせに何か知らんが満員のところが殆どらしい。これはつまり保育園は町とかの管轄なので分かりませんが幼稚園が減少しているためだと考える。 そこで我々が幼稚園を建設することで「子どもが産みにくい世の中」という風潮を打破し出生率を上げる一助となろう。

 

実験方法

 公園の砂場につみつくり幼稚園を建設する。夜のうちに作って昼に公園に来た子ども連 れのお母さんに喜んでもらおう。


 

実験内容

集合時間の10分後に実験隊長である手タレは慌てて到着した。その時の心境としては『やっべー遅れる!日時を皆に合わせて設定したから皆もう来てるんじゃないか?!』という感じだったのだがフタを開けてみればハイ、0人。 『そりゃー皆、辞めてくわい!』と唯一の1年生である私は思った。数少ない後輩のために一肌脱ぐ、そういうことって必要だと思う。
これから入って来る新人達よ、頼むから時間を守ってくれ。時間だけでいいから。
※2011年現在、そういう風な噂は聞かない。


【1時間後に現れた幼稚園児】

 暇すぎて仕方ないのでケツ毛の必要性について考察していたら二次元大介が現れた。私手タレが会議で「何なら幼稚園児っぽい格好でもして来て下さい」と言ったのをどうやら真に受けたらしい。心がキレイってこういうことなんだ。


【幼稚園建設開始!】

 電話をしても皆反応がなく、仕方がないので二人でやりますか。という雰囲気になり幼稚園建設を開始した。 せっかくなのでビフォー・アフターの写真を撮って俺たちの偉大さを会員にアピールしてやろうということになった。
※写真はありません


【遅れてきたヒーローと会社員】

 数時間が経ち、二人の砂いじりのレベルが激しく上昇して来た頃、休憩をしている我々の元にスナプキ ンから連絡があり、合流した。なかなか上等のスコップを持ってきたスナプキンの加入で作業は順調に進み、我々は今回のメインであるすべり台の製作に取り掛かった(幼稚園といえばすべり台だろうという安易な考え)。 
すべり台作りに熱中しているとどこからか奇怪な声が聞こえてきた。だんだん とそれは近くなってきた。すると突然!全裸の男が我々に襲い掛かってきた! 怯える我々3人。

 
しかしよく見るとそれは元祖つみつくりカゲロオその人であった。カゲロオとしばし談笑していると 「イチョウの葉っぱってあったかいのか?」という話になり早速二次元大介をイチョウの布団で埋め尽くそう!ということになった。

       

 
二次元大介をイジめてすっきりした我々は幼稚園作りを再開した。(カゲロオは就寝。カバンには常に寝袋が入っているらしい。会社員なのに) そして砂場の砂を掘り続けて10数時間、ついにすべり台(自称)が完成したのであった。長老スナプキンは腰を痛めていた。

 砂場で行ったのだが掘りすぎて砂の下の石が露出した部分も。(写真はありません)


※完成した写真が見たくなってきたという奇特な方はつみほろぼし2006年新歓号を見よう!

                                             

【実験結果】

・つみつくりは何年経っても反定刻主義な気がする。  

・実はイモ男爵が来てたらしいが携帯紛失のため合流できず、諦めて帰った。

アングラは部活の同窓会とやらで来なかった。思い出に生きるタイプに違いない。

ペドグリはゼミで飲んでいた(全てオゴリらしい)。

・駒沢公園はイルミネーションが綺麗でした(言い忘れてましたが今回の実験場所です)。 

PR
忍者ブログ [PR]